Kagebo-shi Officialwebsite

プロフィール

2003年5月、大塚勇里、金澤直樹、滑川毅の3人で結成。
同年6月に高円寺GEARにて初ライブを行う。
9月には初の自主音源、ファーストシングル「旅立ちの歌」(全5曲入り)をライブ会場にて発売。
2006年7月14日、ミニアルバム「歩」をSTAND EAST RECORDSより発売。これにともない全国ツアー。
2007年6月6日、フルアルバム「アンダンテ」をBad News Recordsより発売。これにともない、レーベルメイトのコーチガリーと全国ツアー。
同年12月、COUNTDOWN JAPAN 07/08に出演。
2008年10月8日、シングル「掌」(土屋昌巳プロデュース)をSONIC BANG RECORDSより発売し、メジャーデビュー。
2009年4月8日、松任谷由実のトリビュートアルバム「Shout at YUMING ROCKS」に「春よ、来い」のカバーで参加。
そして2010年、現在も精力的に活動中。

詳細 >>

ライブ情報

ライブ情報はまだありません。

カテゴリ

Community


member

otsuka_kage_shiをフォローお願いします
かげぼうし大塚、Twitter始めました。

詳細 >>

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

「澄み渡る風の中へ…」へのコメント投稿

名前
コメント
絵文字を使う

澄み渡る風の中へ…


駅に向かう道に枝が曲がらんばかりに実を付けた立派な柿の木がある。



秋の夕陽を浸したような実を見ると感傷にも似た想いがそっと体を駆け抜けて行く。



昨今では人も鳥も飽食家になったのであろうか…。


誰に食べられる訳でも無く、何に食べられる訳でもなく…重たい実を恨めしそうにその身に付けて秋風の中に佇んでいる。





秋に実る果実は数多あるが柿はそれらの中でも最後に顔を出す。


柿の旬が終わると季節は冬に入るから…


自分は少し寂しく、物悲しい…。





昔聞いた話に実った柿の実を全て収穫せずに少し木に残す古の習わしがあった。



収穫への感謝と来年の豊作への祈りを込めて…はたまた、冬へ向かう鳥獣や旅人の渇きを癒やす為に木に少しだけ残して置くのだと云う…。


木守り柿と云うこの風習は晩秋、冬の季語として今でも親しまれている。



沈む夕陽を背に長く伸びた影の中へハラハラと落ちる、燃える様に赤い柿の葉を見ると、色の無い冬の足音がすぐそばまで来ているのだと毎年思うのである。



2011-11-13 19:21:00投稿者 : 滑川毅
コメント一覧
コメントはまだありません。