Kagebo-shi Officialwebsite

プロフィール

2003年5月、大塚勇里、金澤直樹、滑川毅の3人で結成。
同年6月に高円寺GEARにて初ライブを行う。
9月には初の自主音源、ファーストシングル「旅立ちの歌」(全5曲入り)をライブ会場にて発売。
2006年7月14日、ミニアルバム「歩」をSTAND EAST RECORDSより発売。これにともない全国ツアー。
2007年6月6日、フルアルバム「アンダンテ」をBad News Recordsより発売。これにともない、レーベルメイトのコーチガリーと全国ツアー。
同年12月、COUNTDOWN JAPAN 07/08に出演。
2008年10月8日、シングル「掌」(土屋昌巳プロデュース)をSONIC BANG RECORDSより発売し、メジャーデビュー。
2009年4月8日、松任谷由実のトリビュートアルバム「Shout at YUMING ROCKS」に「春よ、来い」のカバーで参加。
そして2010年、現在も精力的に活動中。

詳細 >>

ライブ情報

ライブ情報はまだありません。

カテゴリ

Community


member

otsuka_kage_shiをフォローお願いします
かげぼうし大塚、Twitter始めました。

詳細 >>

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

「2011年~そして幕開け」へのコメント投稿

名前
コメント
絵文字を使う

2011年~そして幕開け

いやいや、どもども、お久しぶりです。大塚です。
落ち込んだりもするけれど、僕は元気です。30過ぎてなお、映画後半のキキ状態。

いやはや、年々、あっという間に過ぎていくような、そうでもないような、そんなことをふと思う大晦日です。

今年も、色々な場所で、色々な方に観て聴いていただき、本当にありがとうございました。
良い事ばかりではなかったけれども、それでも、大切なことに触れることができ、充実した一年でした。

バンド活動に限って言えば、2003年の結成以来、初めてワンマンライブを行えたこと、これが、今年のかげぼうしを象徴する大事な出来事でした。
個人的に記憶に強く残ってるのは、初弾き語り企画や音源、木が熟成期間をかけて兆し芽吹いたこと、BSL企画にて中学時代からの夢がひとつ叶ったこと、ともだちがめでたくお父さんになったこと、久方ぶりの再会、junior breathのレーベル発足&アルバム発売、雷人とシャトルランニングスとTHE COKEHEADSの活動休止、新宿JAM企画で久々に観れたCABLLETS、ハイスクールマンションのライブ、等々、書き切れないくらいあります。

そして、3月11日の震災、これは生涯忘れられない日・・・いや、今も、です。
これ以外の言葉が見つからないほど、記憶に刻まれ続けている出来事です。
「ともだち」という、僕の大好きなバンドが、曲にしています。聴いたこと無い方、ぜひとも。


それから、先日新宿JAMにてライブおさめでした。観ていただいたかた、感謝しております。
セットリストはこちら。
1.丁字路
2.バッケンレコード
3.アトリエ
4.あの世から来た男
5.ラブレター

こう見てみると・・・・
あれです、音源化してる曲が「丁字路」のみ!

今年は作曲してライブで発表する新曲が、例年に比べ著しく少なかったなあ。
「アトリエ」「あの世から来た男」「ラブレター」の三曲、ライブで好評いただいておりまして、大変嬉しく思っております。

初めて作曲してから10年以上・・・13年くらいかな・・作曲ということに、毎回悩みまくるんですが、今年は個人的に飛躍できたかな、と手前味噌ですが、ライブでお披露目できるまでに育ってきた新曲に、「自信作!」とメンバー一同胸を張って言える歌です。

そして、今年のかげぼうしを象徴する新曲達だと思います。

「アトリエ」ができたあたりから、作曲に対しての向き合い方が、より、曲に寄り添う形になってきたかなと。
「ラブレター」は、「アトリエ」の兄弟みたいな、そんなことを感じながら育ててました。今のところこの曲以上に、作詞作曲編曲にいたるまで、時間をかけたことがないってくらい、成長過程に時間をたっぷりかけた曲です。いや、「かかった」歌です。
「あの世から来た男」は、やけっぱちの前向きをテーマに・・・というか、僕自身の心境そのものですね。

どの曲も大事な歌です。気に入っていただけたら、これ幸い。

そうそう、少し前に僕はレコーディングしてきました。
ブルボンズのカトウタクミさん主催のオムニバス「ハワイハワイハワイ」に参加してます。
12人が、それぞれの「ハワイハワイハワイ」。僕もまだ、全員のは聴いてませんが、レコーディングの日(真夜中・・・早朝?)の現場は、とても和やか且つ、しびれるような真剣さがあり、完成の期待度を高める空気がありました。

それとこう、個人的に、人のレコーディングの現場を間近に見れるというのは、とても楽しかったです。
普段、僕はかげぼうしのレコーディングでは、メンバーの中でもっともピリピリしてます。が、今回の現場を肌で感じて、また少し、録音に対する向き合い方に変化があった気がします。

2012年1月10日、池袋admにて、発売を開始しますので、みなさん、ぜひともライブにお越しください。

大勢のかたに出逢い、ご迷惑をかけ、それでも、憎たらしくらい、笑みを忘れちゃあおりません。
もう残り数時間で、また新しい一年の始まり。

良い一年にしましょう。来年もよろしくお願いします。

2011-12-31 21:02:38投稿者 : かげぼうし大塚勇里
2件中   1 - 2 件表示 ( 全 1ページ )
コメント一覧
guest
アトリエ、ユーチューブで聴き僕は夏の日の青空に高く高く伸びていくホームランボールを見ている気分になりました。元気が湧いてきます!
今年も沢山の歌を楽しみにしています!
投稿者 世界の七不思議   2012-02-24 14:19:43
guest
大好きです。

投稿者 アル   2013-08-18 17:38:53
2件中   1 - 2 件表示 ( 全 1ページ )